20代 8週間 ワーホリのため

留学体験談vol.9

記事概要:「英語が全く聞き取れない!俺だけなんじゃないか、やばい!」と、最初の頃は真剣に焦り悩んでいましたが、知らぬ間に聞き取れないことの方が少なくなりました。日本に帰ってもFour Wordで身につけた学習方法を続けたいです。

(1)当校での留学で最も伸びたのは四技能のうちどれですか?

リスニングです。
まだTOEIC公式を受けていないので、数字でどれだけ伸びたかは別として、実感としてはかなり伸びたと思います。

主にどんな授業でそれを伸ばすことができましたか?

リスニングマスターという授業です。
主に発音矯正が効果的でした。自分が正しく発話できれば音も聞こえるようになります。
あと、留学前は実際は聞こえていても知らない単語は聞こえなかったとして処理していたのですが、自習時間の単語学習で多くを覚えたのでそれもリスニング力向上につながったと思います。

日本にいても続けたいと思える学習方法でしたか?

多読も含めて、全部自分でやろうと思えば日本でもやることができます。

音源もYouTubeにあるものを使えます。他の学校のことは分からないんですが、いろいろなところで話題になっているシャドーイングをカリキュラムに組み込んでいて、Four Wordすごいなあと思いました。

シャドーイングに関しては、練習すればできるようになるし、フレーズが頭に残って日常会話でも浮かんできたりするので、かなり効果があると思います。ただ読むだけよりも有効です。

(2)授業中に先生の言っていることを理解できなかったらどうしていましたか?

最初は「俺だけなんじゃないか、やばい!」っていう感じでした。

先生の言ってることを何も理解できなくて、迷惑かけたと思います。

でもいつの間にか何も不自由しなくなりました。先生は毎回優しく必死になって説明してくれるから、気づいたら先生の言っていることで分からないことがなかったほどです。

例えば少し難しい文法であってもそれを理解しながら聞き取れるようになりましたか?

基本的に文法は授業ではやらないので、自分で文法の勉強をしてました。

文法をフィリピン人の先生に教えてもらうのは無理で、日本人に教わるのが1番いいです。ただ日本人に教わっていたら留学に来ている意味がないので自分で勉強しました。

今日は関係代名詞を勉強したから、それを絶対に寝るまでに使ってみようという感じで、チャットですぐに使ってみたり、せっかくだから先生にも使ってみようとか、していました。

自分が使えるようになれば聞き取れるようになると思うので。

(3)留学中は何時間程度自習していましたか?

1日最低でも3~4時間程度は放課後にしていました。

日本にいた時と比べて、英語を勉強する時間は完全に増えたと思います。

(4)Four Wordはどんな人に向いている学校だと思いますか?

1番は、自己管理できる人だと思います。

管理できる人であり、自炊とかしている人には良いんじゃないかな、と。Four Wordは食事がついてないので、食べたいものを食べることができます。そこをマイナスと考える人もいそうですが、実はメリットだと考えています。

フィリピンにいるとどうしても栄養がかたよってしまうので、自分で食べるものは自分で決めた方がいいです。

その他、通学もありますが、他の学校に留学したことがない自分にとっては、通学が普通です。学校と生活スペースが離れているのもメリットだと思いますよ。しっかり休めます。

【編集後記】

JamesさんはFour Wordが開校してから1番最初にお申し込みをしてくれた方でした。本当に申し込みくるのかな、こないのかなとドキドキしている時に届いたJamesさんからのメールは、スタッフ一同今でも鮮明に記憶しています。2ヶ月の留学期間を経て、Jamesさんの英語力はかなり向上しました。アカデミックマネージャーが久しぶりにJamesさんのレッスンを見学したところ、発音が綺麗でびっくりしたと語っていたこともあります。

最後となりますが、「またFour Wordに来たい」と仰ってくれてありがとうございます。我々も日々進歩してまいりますので、お互い頑張っていきましょう。ご卒業おめでとうございます!

入学金0円!夏の早割キャンペーン実施中!

使える英語を身につけるために必要なことは、受験勉強のような徹底した文法・構文の丸暗記ではありません。また「ただひたすら話す時間を提供する」という科学的根拠のないものでもありません。これまでの学習がダメなら、新しいやり方を試してみませんか?

お申し込みはこちら