• HOME
  • カリキュラム

curriculum

学習プログラムの紹介

本物の英語教育をあなたに

私たちは「グローバルに使える英語力」を提供する語学学校です。仕事で英語を使わなければいけない、ワーキングホリデーのために英語を話せるようになりたい。英語学習の動機は、人によって様々なものがあります。しかし、そのためにはどの程度の英語力が必要なのか、どんな方法でそこに辿り着けるのかを意識して学習している方は多くありません。明確なゴール・道筋がなければ、どこにもたどり着くことはできません。なんとなくTOEICや文法を勉強したり、闇雲にスピーキングの機会を求めたりしても、多くの方が挫折してしまう。それはあなたにも経験があるかも知れません。

多くのフィリピン留学語学学校は「あなたが受けたい授業」を提供しています。しかし私たちは、あなたに明確なゴールを設定し、それに向かうための具体的な道筋を示し、「あなたの英語力をグローバルに使えるものにするための授業」を提供する語学学校です。もう、英語学習で迷う必要はありません。科学的根拠とこれまでの学校運営経験に基づいた練習を通じ、英語のある未来を手に入れてください。

コース内容

1日6時間のトレーニングでしっかり伸ばす

ピアノが上手くなるためには、何が必要でしょうか。もちろん、それは練習です。音楽理論を学ぶことも大切ですが、上達の基本は練習にあります。それでは英語が上手くなるためには、何が必要でしょうか。文法や和訳を学ぶことも大切ですが、技術の習得の基本は徹底的な練習にあります。私たちの学習プログラム時間は集中力持続メソッド、ポモドーロテクニックに基づき、25分×12回(計6時間)に設定しており、その多くの時間を練習に費やします。練習と言っても、ただ講師と話すわけではありません。基礎力を強化するためのトレーニングを行います。

マンツーマン・グループ授業時間の割合はレベルを問わずマンツーマン3時間、グループ3時間となります。

授業内容

多くの英語学習者に圧倒的に足りないもの。それはインプット学習です。インプット学習ができていない段階でスピーキングなどのアウトプット活動を行っても、思うような結果には結びつきません。料理を例に考えてみましょう。材料がじゃがいも1つでは、料理らしい料理はできません。インプットなしでアウトプットするというのは、材料もないのに料理をするようなもの。私たちのプログラムは、多くのインプットを通じ、多様なアウトプットを目指せるようデザインされています。

毎日の単語学習、多読、発音練習、通訳養成メソッドとして有名なシャドーイング、スピーキング練習などを通じインプット・アウトプットを正しいバランスで強化します。また、文法のみの授業、フリートーク、和訳、イディオムなどは授業では行いません。やらないことを決めて、やるべきことにのみフォーカスすることで最短でゴールまで導きます。

個別の授業内容はレベル、期間、目的に合わせて、英語のプロが個別に最適なカリキュラムをご提案しています。

英語のプロがサポート

豊富な英語講師の経験を持つスタッフが、第二言語習得論と経験をベースにあなたの学習をサポートします。

1・初日の学習ガイダンス:初日に具体的な勉強の進め方やコツ、カリキュラムの重要性などを説明します。

2・学習カウンセリング:悩んだときはいつでも日本語で学習相談することができます。

3・フォローアップガイダンス:隔週でフォローアップガイダンスを行なうことにより、モチベーションを維持します。