未分類

渡航前に知っててほしい安全対策・セブで盗難被害を防ぐには

staff-not

どうも、インターンのRunです。

セブに来てまだ2週間目ですが、iPhoneを盗まれてしまいした。

セブは基本的なことに注意をしていれば、危ない目に遭うことはありません。しかし、ちょっとした気の緩みなどでこのようなことが起こってしまうことはやはりあります。

そこでこの記事では、盗難や軽犯罪に合わないために事前にできる対策ご紹介します。

セブは日本とは違う

まず最初に、セブは日本に比べると治安が悪いです。こう聞くと不安に感じるかも知れませんが、逆に日本は世界的に見ても超治安の良い国。日本と同じ感覚で渡航してはいけないということは絶対に覚えておきましょう。

セブでよくある軽犯罪は、ストリートチルドレンによる盗難やバイクタクシーのボッタくりなどです。

特に危ないのが。今回iPhoneを盗まれたのも夜11時頃でした。

Run
Run
基本的にセブは他の場所(マニラなど)に比べると治安は良いです。しかし、注意が必要(特に夜)

 

最初は注意していても、留学してから3週間くらいたつと危機感が薄れていきます。セブに留学している(する予定がある)方は十分に注意しましょう。

事前にできる対策

盗難被害を防ぐため、事前にできる対策はいくつかあります。

夜1人で出歩かない

まず最初に、夜1人で出歩くことは極力避けましょう。

日本では、夜中に女性1人で出歩くことは普通にあると思いますが、セブではとても危険です。盗難だけでなく、他の犯罪の可能性も考えられるため、極力誰かと行動をともにしましょう。

 

Run
Run
近くのコンビニに水を買いに行くくらいなら良いですが、夜中遠くに一人で出かけるのは避けて下さい。

貴重品をポケットに入れない

日本ではスマホをポケットに入れるのは普通です。しかし、セブで同じことをすると盗難の確率は上がってしまいます。

今回僕がスマホを取られた原因はポケットにスマホを入れていたからだと思っています。

スマホだけでなく鍵や財布などの貴重品は必ずポケットではなくカバンの中にしまいましょう。

また、夜や人混みの中を歩く時などはカバンを前掛けにするなどして対応することをオススメします。

Run
Run
不必要に多くのお金は持ち歩かないようにしましょう

そもそも携帯を不必要に道で出さない

外に行く際、写真を撮る時以外はカバンからスマホを出さないようにしましょう。

スマホを使用していると盗難のターゲットにさせることがあります。

危機感を持って行動する

これはとても大事です。

留学生活が長くなればなるほど、どんどんと慣れが生じます。生活に慣れるのは良いことですが、危機感が無くなっては軽犯罪に合いやすくなります。

セブは日本とは違うという意識を常に持ちましょう。

重要な連絡先をメモをする

スマホに全ての情報を入れていると、盗難にあった際どこに連絡すれば良いのか分からなくなります。

そのため、以下の電話番号はメモしておきましょう。

・保険会社の電話番号

・日本大使館の電話番号

・クレジットカード会社の電話番号

・スマホのシリアル番号

まとめ

この記事では盗難被害を事前に防ぐためにできることをご紹介しました。

事前に危機感意識を持つだけで、軽犯罪に巻き込まれるリスクは大きく下がります。

 

留学生活中、悲しむことが無いよう事前にしっかりと注意をしましょう!