学校情報

留学中の病院の行き方:ジャパニーズヘルプデスク利用ガイド

充実した留学生活を送るためには健康を維持することが大切です。

でも、日本とは異なる気候や食べ物に慣れるまでは、体調管理も大変です。気をつけていてもどうしても体調を崩してしまうということもあるでしょう。

風邪などの軽い症状であれば良いですが、時には高熱が出たり、怪我をしてしまうこともあるかも知れません。そうなってしまったら、急いで病院に行きましょう。

しかし、右も左も分からないフィリピンのセブでどうやって病院に行ったら良いのでしょうか。今回は、留学中の病院の行き方を解説します。

ジャパニーズヘルプデスクへ行く

結論から言うと、「セブで病院にかかるならジャパニーズヘルプデスクへ行きましょう」。セブ島留学での病気・怪我の対応なら、まずここへ行くことになります。

では、留学初日の学校による説明や留学生同士の会話でもしばしば登場する「ジャパニーズヘルプデスク」とはいったいどのような組織なのでしょう?

ジャパニーズヘルプデスクとは

参照元:こちら

ジャパニーズヘルプデスクとは、フィリピンをはじめインドやミャンマーなど複数の国で日本人の医療機関の受診をサポートしてくれる会社です。

フィリピン・セブのジャパニーズヘルプデスクでは、病院での診察予約の受付を日本語で対応してくれますし、海外旅行保険の手続きも代行してくれます。さらに病院内での検査などにも付き添ってくれますし、医師との会話の通訳もしてくれます。

どこにあるの?

そんな頼りになるジャパニーズヘルプデスクの所在地は、セブ市周辺では4つの病院に広がっています。その中でも、Four Word の留学生が利用されるのが、マンダウエ市にある Chong Hua Hospital Mandaue (以下、チョンワ)です。

以下にセブで対応しているジャパニーズヘルプデスクの所在地の情報をお知らせします。

1. Chong Hua Hospiatal Mandaue

参照元:こちら

住所:809号室 Mantawe Ave, Mandaue City.
連絡先:032−318−6057

Four Word の学生は基本的に学校から一番近いチョンワ病院を利用します。
学校からはタクシーで10分程度の移動距離となります。

2. Cebu Doctors’ University Hospital

住所:Pres, Osmena Blvd, Cebu City
連絡先:032−318−6057

セブのジャパニーズヘルプデスクといえば、まずこの Cebu Doctors’ University Hospital にあるオフィスのことを指します。タクシードライバーに「Cebu Doc(セブドク)」と言えば伝わります。

3. UC Medical Center

参照元:こちら

住所:A1 Ouano Ave, Mandaue City
連絡先:032−350−2656

チョンワ病院のすぐ隣にあるUC(セブ大学)付属病院です。
2015年に開業したばかりで新しい設備を備えた病院です。

4. Mactan Doctors’ Hospital

参照元:こちら

住所:Maximo V. Patalinhug Jr. Ave, Lapu-Lapu City
連絡先:032−318−6063

空港のあるマクタン島にある病院です。

対応可能保険一覧

続いて気になるのが、「自分が加入している保険はキャッシュレス対象になるのだろうか」という点でしょう。ここでは、ジャパニーズヘルプデスクでキャッシュレス対応している保険一覧を紹介します。

  • 日新火災
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • AIG保険
  • AU損保
  • CHUBB
  • 朝日火災
  • あいおいニッセイ同和
  • エイチエス損保
  • ジェイアイ傷害火災
  • チューリッヒ保険
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 東京海上日動
  • トラベルセーフティープラン
    (2019年12月現在)

ジャパニーズヘルプデスク利用の手順

それでは、実際に体調を崩した場合にジャパニーズヘルプデスクを利用する手順を紹介します。この手順に従って病院へ行きましょう。

  1. 電話予約(日本語対応)
    ・症状/海外旅行保険の有無/受診希望時間/学校名を伝える

    電話番号:032−318−6057(チョンワ病院:日本語対応)
    ※予約なしで訪れた場合は順番待ちに時間がかかる場合もあります。
  2. 病院へ向かう
    ・タクシーでジャパニーズヘルプデスクのある病院へ向かう
  3. 受付
    ・到着後、症状や個人情報を用紙に記入。
    ・海外旅行障害保険証を提示。
  4. 診察
  5. 会計
    ・海外旅行傷害保険に加入している場合、診察/薬の処方はキャッシュレス
    ・保険未加入の場合は現金にて精算

ジャパニーズヘルプデスク対応時間
月曜日〜金曜日午前9時午後5時30分
土曜日午前9時午後2時

持参するもの
パスポート(コピー可、日本出国スタンプのページが必要)
海外旅行傷害保険証(クレジットカード付帯保険の場合はカード持参)
eチケット

セブでの病気・怪我

ところで、セブで留学生が病院へ行くケースとしてはどのような症状が多いのでしょうか。ここでは、セブ島留学でよく見られる症状について紹介します。

  • 風邪
    体調不良の定番といえば風邪です。しかし、「風邪は万病のもと」というくらいですから油断しないようにしましょう。初期症状であれば、学校に常備薬があるのでオフィスで薬をもらうと良いでしょう。発熱があり、辛いようでしたら早めに病院に行きましょう。
  • 食中毒
    日本とは異なる食生活になるため、慣れないものを食べるとお腹の調子を崩すことがあります。特に衛生的でない環境で提供された食事を口にすると、下痢や腹痛、発熱に嘔吐などを伴う食中毒になる恐れがあります。セブのように気温が高い土地では、日本よりも食中毒の危険性が高まるので注意しましょう。
  • デング熱
    デング熱は蚊に刺されることによって感染する疾患です。急激な発熱で発疹や頭痛、関節痛、嘔吐などを伴います。通常は1週間ほどで症状がおさまりますが、稀に重度化するとデング出血熱やデングショック症候群を引き起こし、命の危険を伴いますので、早い段階で病院に行くことを心がけましょう。

病気にならないための対処法

ここまで、病院の利用方法について説明して来ましたが、留学中は病気やけがに見舞われないことが大切ですよね。

最後に留学中に体調を崩さないために心がけたい点をお伝えします。

しっかり休息を取る
慣れない土地では生活リズムが乱れてしまいがちですが、そういったときに体の免疫力が弱まり病気にかかりやすくなります。そのため、根を詰めて勉強したり、夜中まで遊び歩くのではなく、なるべく規則正しい生活を心がけてしっかり睡眠をとるようにしましょう。

・清潔さを保つ
食中毒の原因は細菌などによって引き起こされることが多いので、まずアルコール消毒液を持参したり、きちんと手を洗うことを心がけて清潔な状態を保ちましょう。また、なるべく加熱した食材を食べるようにすると良いでしょう。

・虫除け対策をする
デング熱など蚊が媒介する病気を防ぐ最も有効な手段は、蚊に刺されないことです。
そのため、できるだけ肌の露出の多い服装を避けて行動したり、虫除けスプレーなどを利用することをおすすめします。最近の研究では、蚊は足の裏の細菌に反応して寄ってくるそうなので、アルコールシートなどでこまめに足裏を拭き取るのも有効です。

まとめ

今回は病院利用ガイドを紹介しました。

病気や怪我に見舞われると、せっかくの留学生活が辛いものになってしまいかねません。そのため、病気や怪我を避けるための予防策が大事です。しかし、どんなに気をつけていても病気になってしまうことはあります。そんな時は、この利用ガイドを見てジャパニーズヘルプデスクを利用しましょう。

見知らぬフィリピンの土地で病院に行くのは不安かもしれませんが、ジャパニーズヘルプデスクでは日本語で診察のサポートをしてくれるので安心できますね。

それでも1人では不安という方は、学校スタッフのサポートを仰いでください。

ABOUT ME
Matthew
Matthew
フリーライター&英日翻訳家。 セブ島情報ブログ「日刊セブ便り」運営。 大手旅行会社→英国4つ星ホテル→米系金融機関→米系検索エンジン→セブ島語学学校→フリーランス(いまここ) 最近は「セブの知の巨人」と極々一部の間で呼ばれているらしい。タメにならない豆知識を時々配信。