体験談

【セブ留学体験談】Four Wordでダラダラ続けた英語勉強に区切りを

こんにちは、ジョーダンです。

今回は海外勤務を志す21歳のCharlieさんにお話を聞いてきました。「ダラダラ」続けていた勉強に見切りをつけるため、2週間Four Wordへ留学することを決めたそうです。

日本での自習にマンネリを感じてしまっている方、1人での勉強に限界を感じている方に読んで欲しい体験談となっております。

日本ではどういう勉強をしていましたか?

Charlieさん
Charlieさん
日本では、主にTOEICの勉強をしていました。リーディングを主に。

週末に2時間程度やったりやらなかったり、割とダラダラしてしまっていて。
リーディングもなんとなく読んでいるだけということが多かったです。

それで見切りをつけるために今回留学しました。

ジョーダン
ジョーダン
なるほど。

今回は2週間という短期留学でしたが、それでも効果はありましたか?

2週間という短期間で得られた効果は?

Charlieさん
Charlieさん
もともと英語は初心者だったんですけど。

長文に苦手意識があったのと、あとは海外が2回目ということもあって、喋ることへの苦手意識というものがありました。

2週間の留学でこの2つへの苦手意識はなくなったと思います。

長文への苦手意識を取り払うには、やはり読む習慣を身につけることが重要です。しかし、ただ闇雲に読んでいても、質の高いインプットは得られません。

Four Wordでは様々なレベルに合わせた多読教材を用意し、また多読の正しい方法をしっかりと伝えてから実際の授業に入ります。

<多読の主な効果>

  • 英語の処理スピードが上がり、全スキルの基礎力を上げることができる
  • 学んだ単語を実際の生きた文の中で目にすることで、自然な使い方が習得できる
  • 英語とイメージを連結させ、英語を英語のまま理解する下地を作る

長文を読む=長文読解と考えてしまう方はたくさんいますが、Four Wordの多読授業は楽しさ・英文の読みやすさを重視しつつ、絶対的な量を確保することで苦手意識を取り除けるように工夫しています。

Four Wordに入学しようと思ったきっかけを教えてください

Charlieさん
Charlieさん
社長のツイッターをフォローしているんです。

Four Wordおもしろそうだなあと思って。
別にセブ島じゃなくてもよかったんです。第一の目的は英語の勉強だったので、どこでもよかったんですけど。

社長が「先生のトレーニングに力を入れている」とツイートしていて、他の学校ではあまり先生の情報が出ていなかったので。

Four Wordのトレーナーは日本語の勉強もする!?

ちなみにFour Wordでは先生のことを「トレーナー」と呼んでいます。

これは特に奇をてらっている訳ではありません。当校では一般的に先生と言われる”一般化”された存在ではなく、個々人の英語力に寄り添ったパーソナルトレーナーがレッスンを行います。

だから基本的に授業ではなく、トレーニングです。

そして当校の代表である石原がツイートしているように、トレーナーは毎日2時間のトレーニングを義務つけられています。

トレーニングの内容や目的についてはこちらの記事でご紹介しておりますので、ご興味ある方はぜひご覧ください。

【フィリピン留学】先生の質セブ島No.1!英語を効率的に伸ばすならFour Word グローバル化が進むにつれて、「近い・安い」で益々人気が高まっているセブ留学。 しかし「フィリピン人の英語はなまっていそう」「本当...

正直言って、留学はめっちゃハードル高いです

ジョーダン
ジョーダン

実際にFour Wordに留学してみて、どうでしたか?
イメージと現実に大きな違いはありましたか?

Charlieさん
Charlieさん

留学ってハードルめっちゃ高いです。
だって、1人で海外行って、マンツーマンでしょう?

全く喋れない人にとって、相手を困らせるんじゃないかという不安がありましたよ。

ジョーダン
ジョーダン

なるほど。
だけど留学したのは、それ相当の覚悟や決意があったからですか?

Charlieさん
Charlieさん

これもまたツイッターなんですけど、
全然喋れない人もたくさん留学しているから大丈夫だよとツイートされていて。

じゃあ自分が行っても大丈夫だろうと思いました。

当校の代表石原のTwitterはおもしろい!?

今回、Charlieさんも石原のTwitterを見て当校への留学を決めてくださいました。

Four Wordや姉妹校であるTARGETに関するツイートが多く、2校を検討している方にとっては有益な情報を得られると思います。

ぜひフォローしてみてください。

▶︎@Tomoyuki_TARGET

短期間でも実際に伸びを体感したスキル

ジョーダン
ジョーダン

2週間という短い期間でしたが、伸びを体感することは出来ましたか?
特にリスニングのトレーニングが多めですが、そのあたりのスキル向上はどうでしたか?

Charlieさん
Charlieさん
リスニングは分からないところはやっぱりあります。
ただトレーナーがフォローしてくれるのでよかったです。

まずトレーナーが発音してくれて、それを真似するんですが、
間違っていたらフィードバックをしてもらっていました。
これは1人では出来ないことです。

ジョーダン
ジョーダン

なるほど。
リンキングやウィークフォームなど、日本人が苦手とされる音声変化はどうでしたか?

Charlieさん
Charlieさん

リンキングはずっと、
「何言ってんの?」
状態だったんですけど、シャドーイングで聞けるようになりました。

ジョーダン
ジョーダン

シャドーイングはこれまでにも挑戦したことはありますか?

Charlieさん
Charlieさん
いえ、初めてでした。

音源を聞いて、口に出す。
発話することによって発音がよくなる。
それから、今まで聞き取れなかった音が聞き取れるようにもなりました。

他に、ディクテーションとかも効果的だったと思いますが、
シャドーイングによって自然に英語が頭に入ってくるようになったのかなと思います。

自習時間には何をされていたんですか?

Charlieさん
Charlieさん
シャドーイングと単語学習はしていました。
あとはカンバセーションも、レストランやコンビニなどでも積極的に英語を話すように意識していました。

最初はやっぱりどれも1人でやるのは難しかったです。
でも2週目に入る頃には慣れてきて、っていう感じでした。

留学生のインタビューを聞いていると、留学前に日本でしっかりと英語の勉強をしていた人はそんなに多くありません。

多くの方が入学してから再度勉強を始めるようなイメージです。

その点、Four Wordでは自習せざるを得ません。理由は毎日のシャドーイングテスト・50単語の暗記があるからです。

授業時間は6時間とやや短めですが、自習を合わせると8時間程度は勉強するようにカリキュラムデザインされています。

単語数は何語を目指せばいいのか?

Four Wordでは3,000 ~ 5,000単語覚えることを推奨しています。

3,000 ~ 5,000語ほどの語彙力があれば英文の93%以上は読めるという研究に基づき、この数値を設定しました。

単語学習について、Four Wordの部活動「ガチ英語部」への入部をおすすめします。こちらTwitterアカウントさえ持っていればどなたでも無料で入部することが出来ます。

Twitterの紹介が多くなってしまいましたが、無料で学校や英語学習方法について情報発信しておりますので、ぜひチェックすることをおすすめします。

FWガチ英語部▶︎@Yumi@FW1

英語を使ってこれからやりたいことは?

Charlieさん
Charlieさん

海外の現地赴任とかに挑戦したいです。
TOEIC650以上から行けるので。

ジョーダン
ジョーダン

いけそうですか?

Charlieさん
Charlieさん

いけると思います。
日本にいた頃は英語に苦手意識がありました。
話せないし、実際に使ったこともなかったんで。

でも今回の留学で自信つきました。

Four Wordはどんな方におすすめの学校?

Charlieさん
Charlieさん

英語が全然出来なくて、出来ないけどちょっとやってみようかなと思っている人とか
英語苦手意識がある人におすすめ出来ます。

初心者の人でも、安心して授業受けられる感じはありました。

編集後記

編集後記では本編ではご紹介出来なかった部分などもご紹介しています。

ということで、Charlieさんが思うFour Wordの「もっとこうしてほしい!」をご紹介します。

ぶっちゃけここをこうしてほしいなあ・・・

Charlieさん
Charlieさん

英単語を覚える分だけプリントで印刷してもらうんですが、
発音をすぐに聞けなかったのは面倒臭いなあと思いました。

まあ紙なので仕方ないんですけど、発音機能とかも欲しかったですね。

初めての留学は思い出補正によって、だいたいが「良いもの」になります。

実際に英語が伸びた方も伸びなかった方も、その学校に対して不満を抱いたまま帰る方はあまり多くありません。だからこそ体験談は良い言葉ばかりが並びます。

Four Wordが良い学校だよアピールをしている訳ではなく、このようにフィードバックを在校生からもらいながら日々改善していることもこの体験談でご紹介できればと思います。

ちなみに、この「発音をしっかりと確認したい」という声をうけ、現在はマンツーマン授業の一部で単語の発音を確認したり、その単語を実際に使ってみる、一瞬で思い出せるようになるまで練習する、などの課題も取り入れています。

またCharlieさんは今回2週間でしたが、また休みをとってFour Wordへ留学すると言ってくださいました。開校からまだ4ヶ月ですが、既にリピーターの方もいます。

一度、Four Wordへ留学してみませんか。そして、英語の伸びを体感してみてください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

ABOUT ME
ジョーダン
ジョーダン
ネイティブじゃなくたっていいじゃないか、英語だもの。じょだを じょだをの迷言はTwitterからどうぞ。 面白かったらフォローお願いします。