学校情報

【Four Word 住環境】快適な環境で社会人留学にもおすすめ

英語習得のために留学するメリットは、普段と異なる環境で日本語に接する機会を減らし、学習対象の言語(英語)に実際に触れ、さらに使う場面が多くあることです。

もちろん、ただ留学すれば良いというわけではなく、効果的なカリキュラムで英語力を伸ばすことができる学校を選ぶことが大切です。しかし、同時に滞在先の住環境によっても留学の成功が大きく左右されるということも知っておく必要があります。

Four Word English Studio は、勉強に集中できるよう快適な住環境を提供しています。主な特徴は以下の通りです。

  • 綺麗なコンドミニアム
  • 海外でも快適なトイレ・シャワーなどの水周り
  • 安定した速いネット環境
  • ルールの少ない、自由な環境
  • 飲食店やコンビニなど、充実の周辺環境
  • 治安の良いエリア

あなたの留学を成功に導く留学は、ここFour Wordにあります。では、具体的に見ていきましょう!

セブ島留学の一般的な学生宿舎3パターン

海外の留学先で生活する場合、よくイメージされるのが現地のホストファミリーと一緒に生活する「ホームステイ」でしょう。確かに欧米英語圏での留学ではホームステイが一般的ですが、セブ島をはじめフィリピンでは一般家庭に宿泊することはまずありません。

セブ島留学での宿泊パターンは大きく分けて以下の3つです。

パターン1:学校附属のドミトリー

セブ島の語学学校でこれまで最も一般的だったのが、学校の敷地内、もしくは学校の校舎と同じあるいは隣接した建物に寝泊まりするドミトリー(学生寮)タイプのものです。比較的規模の大きい韓国系の語学学校に多く見られますが、その理由として大学生を中心に受け入れているため、学生団体の管理のし易さや安全面の確保のために専用の施設として運営しています。

このタイプの特徴としては、1人部屋が少なくほとんどの場合が3〜4人の相部屋になることと、門限や消灯時刻などの細かいルールが定められていることが挙げられます。また、食事は1日3食学校の食堂で提供されます。

パターン2:ホテル滞在

続いて、学校が提携しているホテルに滞在するパターンも多く見られます。大きな敷地を持たない中規模の学校に多く見られ、日系の語学学校にも多く存在しています。その特徴としては、宿泊客としてホテルのサービスを受けられることが挙げられます。ただし、学校が提携しているホテルのグレードによりサービスの質や留学費用が変わってきます。

また、ホテル内に学校がある場合や校舎とホテルが近い場合は移動が容易ですが、少し距離がある場合は学校が用意した交通手段かタクシーなどで移動する必要があります。

パターン3:コンドミニアム

ここ数年増えてきているのがセブ市内の高級コンドミニアムに滞在するパターンです。Four Word も学生用の宿舎としてコンドミニアムを提供しています。このパターンの特徴としては、自宅にいるようなくつろぎを得られることと、便利な立地と最新の施設のために快適な生活を送れることが挙げられます。受付にはセキュリティガードがおり、安全面も心配ありません。

比較的自由に行動できるという点で社会人の方が留学する際に人気があります。食事は外食が中心になるかもしれませんが、キッチンがついていて自炊することも可能です。

Four Word の学生寮はコンドミニアム

Four Word が提供している宿舎は、Chatswood Residences というコンドミニアムです。

留学を充実したものとするには、学校の授業内容だけでなく、滞在中の生活面も充実させる必要があります。特に生活面で重要な点としては以下のものが挙げられます。

  • 勉強に集中できる環境
  • 余計なストレスがない環境
  • 安全・安心な環境

Chatswood Residences ではこれらの条件を全て満たしているため、留学期間中快適に過ごすことができます。また、全室自炊可能ですので、海外での食事がご不安な方も安心して生活することができます。

全室共通設備:
冷蔵庫・電気ケトル・キッチン・調理器具各種・食器・無料wifi・エアコン・デスク・収納用クローゼット・ハンガー・ホットシャワー

Four Word 寮のひとり部屋

Chatswood Residences のひとり部屋は Studio タイプと呼ばれるワンルームになります。

ひとり部屋はプライベートが欲しい方、自分のペースで生活したい方、勉強の後に仕事をしたい方などにオススメです。

Four Word 寮の複数人部屋

ひとり部屋と異なり、複数人部屋(最大3人)では、部屋全体が広い間取りとなっていますので、3人で生活していても十分なスペースが確保されています。

ベッドはシングルベッドが3つ寝室に配置されており、リビングルームと完全に別れています。そのため、ルームメイトが寝ているのを邪魔することなく勉強や仕事を続けたり、自分の時間を有効に過ごすことができます。

どちらの部屋タイプでも快適な生活を送ることができますが、企業の語学研修として留学する場合は、日本のオフィスとの連絡で業務の話をすることもあるため、ひとり部屋を選ばれるケースが多いようです。

Four Word 寮の水道・シャワー・トイレ

余計なストレスのない留学生活を送るには、住環境の特に水回りの環境も重要です。Four Word の水道設備の状況はどのようなものか説明したいと思います。

セブ島の水回り事情

セブ島に限らず、海外の水道事情は日本と大きく異なります。

まず、水道水が飲めないのは今更お伝えするまでもなくご存知でしょう。一般家庭からホテル、商業施設に至るまで水道設備が整っています。ただし、一般的に言って水圧はあまり強くありません。

また乾季になると雨が不足して上流のダムの水位が下がり、エリアによっては断水になることがあります。計画的な断水の場合は事前に新聞紙面などで告知されます。

寮・学校の水回り(シャワー、トイレ等)

Four Word の寮として利用している Chatswood Residences の水回りは、何も不自由を感じることなく利用できます。

海外旅行で比較的高級とされるホテルに泊まっても、シャワーの水圧が弱くてがっかりした経験はないでしょうか。海外ではなぜか水圧の弱さが目立ちますが、Chatswood Residences のシャワーは日本と比較しても引けを取らない水圧を提供しています。もちろん、暖かいお湯も常時出ます。力強いシャワーを浴びてリフレッシュすることができるでしょう。

また、学校と寮を含め周辺エリアは断水のリスクはほとんどありません。

Four Word のインターネット環境

留学期間中のインターネット環境も学習、生活の両面で非常に重要な要素です。

日常的にスマホでコミュニケーションを取ることはもはや当たり前となっています。また、仕事を抱えている社会人の場合、留学中でも日本との頻繁な連絡のやりとりが必要になってくるでしょう。

フィリピンのインターネット事情

フィリピンでのインターネット利用は、優れた面もあればそうでない面もあります。

まず、ほとんどの飲食店、カフェ、ホテルなどで利用客向けに無料WiFiを提供しています。しかしその反面、通信速度が安定せず、データの読み込みに時間がかかったり、全く通信ができなくなることがあります。

Four Word 寮と学校では快適なネット環境

Four Word では、光ファイバーの高速通信を提供する RISE 社のインターネット回線を導入しています。校内には学生用として、この高速WiFiを2回線ご用意しています。高速で安定した通信環境を提供できるため、学校から学生の皆さんへの連絡事項はコミュニケーションアプリの LINE を用いてお知らせしています。

また、放課後も校内のスペースを開放しているためそのままインターネットを利用して勉強やお仕事をされる方も多く、使い勝手が良くなっています。

さらに寮には Chatswood Residences が滞在者のために高速インターネット回線を導入しており、自室でWiFiを利用することができます。1階には24時間オープンのカフェがあり、こちらも利用客向けに店舗の高速WiFiがあり、いつでも利用できます。

学校の基本的な規則に関して

留学生活を送る上で、学校の規則も留学中の生活を大きく左右します。Four Word のスタイルは基本的に「自由」です。

「高負荷のトレーニング」×「自由な留学ライフ」

これまで、大学生をメインターゲットとしたいわゆる「スパルタ系」の学校では、門限や消灯時刻、外部からの飲食物の持ち込みの制限、外出制限など勉強に集中するための規則が設けられ、破るとペナルティが与えられるというスタイルが一般的でした。

Four Word では、それとは対照的に英語学習では徹底的なトレーニングを実施する代わりに、生活面での制限はほとんど設けていません。「高負荷のトレーニング」×「自由な留学ライフ」が Four Word のスタイルです。

Four Word が自由を尊重しているのには、英語学習の上で必要なことだと考えているからです。

グローバルに使える英語を身につけて世界で活躍できる人材となるには、外国での経験を通して自主性や問題解決能力を培う必要があります。そのため、あまり規則で行動範囲を縛るのではなく、自分自身で外に出てセブの街を体験し、トレーニングで学んだことを実践できる機会を提供しています。

門限なし

これまで紹介したような自由な校風のため、寮の門限も特に設けておりません。

もちろん、早く部屋に戻って翌日に備えるのも良いでしょう。しかし、海外の経験を積んで仕事に活かしたいと考えている社会人や学校の外でしか学べない生きた英語を使う機会を奪うことがないよう、学校としては門限で行動範囲を縛ることは敢えてしていません。

食事は各自で

Four Word では学校で食事を提供していないので、学生の方は基本的に外食となります。平日の朝食は寮の1階にあるカフェにて無料で提供しています。しかし、ランチ、夕食、そして週末の食事については各自で自由にとっていただきます。

レストランなどでメニューを注文するときは学んだ英語を使う絶好の機会です。レストランでのやり取りを何度も繰り返すことによって、食事を注文する際のフレーズが次第に自然と話せるようになります。

Four Word の学校、寮の周辺には飲食店が豊富なため、食事に困ることはありません。また寮は全室キッチン完備のため、食材を購入して自炊することもできます。スーパーに関しては以下の記事に詳細を載せていますので、自炊派の方はご一読ください。

買い物・飲食店に関して

寮で自炊ができるとはいうものの、学校や寮の周辺で買い物ができるのでしょうか。またどんな飲食店が周囲にあるのか紹介しましょう。

学校付近のタウン情報

J センターのフードコート

Four Word の学校から徒歩圏内には周辺エリアの中で最大のショッピングモール、J センターがあります。J センターの中にはスーパーマーケットが入っているので、放課後に食材を買って帰ることもできます。また、モール内にはファストフード店、カフェなどが揃っており、そのほかにも日本食料理店、中華料理店、韓国料理店、フィリピン料理店など数多くのレストランが揃っています。

寮付近のタウン情報

寮のすぐ近くにある「筑前屋」

Four Word 寮の Chatswood Residences はメインストリートの交差点に面しているので、周辺には飲食店を始め生活に便利な店舗が揃っています。

寮から交差点を挟んだ向かいにはスーパーマーケットがあり、日用品から食材までなんでも揃います。また寮のビルには24時間営業のカフェ、韓国料理店が入っています。同じ敷地内には ChowKing という中華ファストフード店、交差点の反対側にはマクドナルド、さらに徒歩圏内に日本食料理店や韓国料理店などが軒を連ねています。

さらに寮の目の前にはコンビニエンスストア、薬局もあり、寮の周辺で必要なものは全て揃うと考えてよいでしょう。

Four Word 周辺の治安

留学する際に気になる点として、現地の治安状況が挙げられます。「フィリピン」、「東南アジア」というだけで少し不安になる方もいるかも知れません。では、実際の治安状況についてお伝えしていきます。

学校・寮周辺の治安情報

Four Word は、学校、寮ともに A.S. フォルチュナ通りというメインストリートに面しています。多くの人が行き来し、人目に触れる機会が多いため学校や寮の周辺でトラブルに巻き込まれることはほとんどありません。

ただし、日本と同じ感覚で無防備に財布を手に持ったまま歩き回ったり、深夜に1人で暗い路地を歩いたりするのは思わぬトラブルに巻き込まれる危険性があるのでやめましょう。海外旅行の際に貴重品の管理などを注意するのと同じレベルで行動すれば問題ないでしょう。

登下校時の治安情報

寮から学校への通学路は、A.S. フォルチュナ通りをまっすぐ進むだけなので道に迷う心配はありません。移動距離も徒歩であれば10分程度と大変近いので、夕方暗くなってから歩いて帰るのも特に問題ありません。

また、多くの学校ではセブの公共交通機関であるジプニーの乗車を禁止していますが、Four Word ではルートが一本で迷う心配もなく、乗車時間も2〜3分と短いため通学での利用に限り許可しています。

そして、学生の皆さんが滞在する Chatswood Residences は24時間体制でセキュリティガードが警備に当たっているので、安心して滞在することができます。また、部屋にはセキュリティボックスも完備していますので、外出中に貴重品を入れておくことができ安心です。

まとめ

これまで Four Word の留学中の住環境について紹介してきました。

Four Word の学生寮は、快適な高級コンドミニアムでインターネットやキッチンを備えています。門限などの制限もなく、英語を実践的に話す機会が豊富な環境で生活することができます。

そして、学校・寮ともに周辺には飲食店や商店などが豊富で、非常に便利な立地にあると言えます。そのため、必要なものはいつでも簡単に入手できますし、留学期間中の食事や買い物を通して他の留学生と親しくなったり、トレーニングで身につけた英語を使用する機会にあふれています。

また周辺の治安も良いので、安心して英語のトレーニングに集中できます。周辺地域が安全だという点は、留学生本人だけでなく、日本で待つ家族や企業研修で社員を派遣する企業にとっても安心して送り出せる環境だと言えます。

こうした点を考えると Four Word の住環境は英語のトレーニングに集中でき、さらに自由な環境の中で留学そのものを楽しみにながら英語力を伸ばすことが出来るよう工夫されています。

皆さんも Four Word の留学を通して英語力を伸ばせる環境に身を置いてみませんか。