こんにちは、Four Word English Studioインターンのアニーです。

セブ島に来て約1週間が経ちました。これから、セブ島のことを知り尽くしていきたいです。

よろしくお願いします。

今回卒業生インタビューでは、日本でファッションの専門学校に通うKanoさん。

夏休みの期間を使ってFour Wordに2週間留学をしてくれました。

ーー Four Wordの授業で1番伸びたと実感できる4技能(話す・聞く・読む・書く)はどれですか?

「リスニング」です。 

特にシャドーイングの授業で伸ばすことができたと思います。 

発音が違う場合は、その場で指摘してくれました。

シャドーイングは音源さえあれば日本でも続けられるので、続けていきたいです。

Annieのワンポイント!
※シャドーイングとは…
聞こえてくる英語の音声を追いかけて発音するトレー二ングで、リスニング強化に特に効果がありますが、同時に高速で英語を処理する効果もあります。

ーー Four Wordに留学しようと思ったきっかけはなんですか?

セブ島留学についてネットで調べた時に1番安かったからです。

留学代理店に期間・条件を指定して選んだとき、割引も使わずに1番安かったのでFour Wordに決めました。

ーー 留学中は、自習をしていましたか?

自習の時は、単語とリスニングの勉強をしていました。

最初の週より単語数は聞き取れることできました。

けれど、勉強していく中で文法を忘れていることに気が付いたので留学前に勉強をしておけばよかったと思いました。

ーー 英語を使って挑戦してみたいことは何ですか?

将来、外資系のアパレル企業で働きたいです。

ディーゼルやトミーで働いてみたいです。

ーー Four Word はどんな人に向いている学校だと思いますか?

社会人に向いている学校だと思います。

私は19歳で専門学校に行っているので、社会人の方が多く年齢層が高かいなと感じました。

あとは、昼食と夕食が出ないので栄養バランスも自分で決めることができたのでその点はよかったと思います。

編集後記

こんにちは、編集後記を担当しているジョーダン(@jodawo_youda)です。

今回Kanoさんは2週間当校に留学してくださいました。彼女がインタビューの中でも語ってくれたように、セブ島留学を通して「文法」を留学前に復習しておけばよかったと感じる方は非常に多い印象です。

普通、留学中にフィリピン人の先生に教わるんじゃないのか?

と考える方も多いでしょう。しかし、文法には専門的な用語が非常に多く、日本語ですら100%理解していない人が「英語で」「英語の」「文法を」学ぶのは非常に困難なことです。そして、頭の中を混乱させてしまう可能性があります。

私がおすすめすることとしては、留学の数週間前から中学校3年間分だけで良いので軽く復習しておくことです。大学受験のように膨大な文法書を読む必要はありません。使い方さえ知っていればそれで何も不自由はなくなります。

おすすめの教材は、中学3年間分の英文法を10時間で復習する本です。ぜひ利用してみてください。

また、当記事はインターンのアニーさんが初めて担当したインタビュー記事でした。アドバイスや感想など、コメントいただけますと幸いです。

それではまた次回の記事でお会いしましょう!

キャンペーン情報

Four Wordでは毎月さまざまなキャンペーンを実施しております。

9月は「週数×1万円割引」を実施しています。

こちら12週間のご留学の場合、そのまま12万円が割り引かれるキャンペーンです。

毎月お得な情報を見逃さないためにも、ぜひ当校のツイッター(@4wordStudio)をフォローしてください!